スマートフォン解析

ムダ毛処理後の毛穴に黒いポツポツが・・・、原因と対策について

black-pores-001

肌の露出の多い季節になると、ムダ毛の自己処理によって出来た肌トラブルや色素沈着も気になってきます。

一度出来てしまったものを治すのは時間もかかってしまいます。

ですので、日々のお手入れや正しい自己処理により、未然に防ぐことが重要です。

ここでは、特に気になる処理後の脚のブツブツの原因や対策方法をご紹介していきます。

原因と間違っている処理方法

剃る頻度が多い

剃るという行為はそもそも、ムダ毛のみを剃っているように思いがちですが皮膚の角質も一緒に引きはがしていることになります。

角質は不要なものは取り除きますが、必要以上に薄くなると、より皮膚を守ろうと角質が厚くなったり、肌トラブルの原因になります。

カミソリが清潔でない

同じ剃刀をいつのまにか使い続けてはいませんか?特に浴室に放置している方は注意です。

剃刀の刃は意外と脆く2,3回使用しただけですぐに悪くなってしまいます。

浴室という湿気やカビなどの殺菌を繁殖しやすい環境に置いておくと、傷ついた肌にも細菌が付着しますので、肌荒れの原因になります。

剃る時に石鹸・ボディーソープを使っている

剃刀で剃る行為は皮膚の角質をも削り乾燥の大きな原因になります。

石鹸やボディーソープを使うことにより、余計に皮脂を奪い肌に負担をよりかけてしまうのです。

ですので、石鹸やボディーソープは避け、クリーム等で保湿しながらの処理を心がけましょう。

乾いたまま剃ってしまう

乾いたままの処理は一番危険です。

滑りも悪くムダ毛の処理がしにくい上に肌を傷める原因になります。

必ず保湿クリームやワセリンの上から刃を当てるようにしましょう。

毛の流れに逆らって剃っている

毛流れに剃るのも、角質をはがれやすさせ、力が入りやすいので肌負担がかかります。

必ず毛流れに沿って力を入れすぎないように注意しましょう。

毛抜きで処理している

毛を抜く行為は一番肌を傷つけ毛穴の炎症を引き起こし、肌をブツブツにさせる原因になります。

毛を抜くことにより毛穴を傷め、そこに細菌が入ってしまうと炎症の原因になります。

ムダ毛の処理では毛抜きを使うことはタブーです。

上記すべてが脚のブツブツを引き起こす要因です。

正しい処理方法と保湿さえ念入りに行えば肌トラブルを引き起こすことはありません。

また生理中や体調の悪いときには抵抗力も弱まり細菌に感染しやすいのでできるだけムダ毛の自己処理は避けるようにしましょう。

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング