スマートフォン解析

女装男子も要注意!? カミソリでの間違ったムダ毛処理には危険がいっぱい

self-epilation-damage

ムダ毛の自己処理について、大抵の方が剃刀による自己処理を行っていると思います。

実は剃刀での自己処理には様々な危険が潜んでいることをご存知でしょうか?

ここでは剃刀を使うことによる危険性と、正しい使用方法をご紹介していきたいと思います。

剃刀の使用によって起こりうる皮膚疾患

蜂窩織炎(蜂巣炎)を引き起こす可能性があります。

蜂窩織炎とは皮膚の奥深い部分から、皮下脂肪組織にかけての細胞が細菌によって、炎症・化膿を引き起こす疾患です。

症状は、広い範囲が赤くはれ、熱感とさまざまな程度の痛みがあります。

このような症状が出た場合、自然治癒は難しいのですぐに皮膚科にかかる必要があります。

カミソリで処理する際の注意点

剃刀での処理は、毛だけでなく実は皮膚の角質も一緒に削ってしまっているので、剃刀負けや肌の乾燥が起きやすい環境にあります。

処理後の肌は非常に敏感で、肌トラブルを起こしやすい状態にありますので長い間お風呂場に剃刀を置きっぱなしにしている剃刀を使用すると見えない雑菌やカビが付着していますのですぐに肌トラブルにつながるので注意してください。

また、切れ味の悪いものを使うと毛の剃り残しも起き、何度も肌に刃を当てて剃ることになるのでそれだけ肌への負担は倍増するのです。

肌トラブルを未然に防ぐポイント

  1. 新しい清潔な剃刀を使用し、湿気の少ない所に保管する
  2. 肌負担を最小限にするため毛流れに沿って剃る
  3. 処理後は保湿や冷却を念入りに行い、肌を鎮静させる

いかがでしたでしょうか? 未然に肌トラブルを防ぐことは当たり前ですが、処理後のアフターケアによっても肌状態が左右されるのでしっかりと保湿・冷却を行いましょう。

処理後の肌は、角質も薄くなっており必要以上に乾燥している状態です。

かゆみも出やすく、掻くことにより細菌にも感染しやすくなるので注意しましょう。

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング