スマートフォン解析

どれを買えばいいの? 口コミで話題の家庭用脱毛器ベスト5の比較

home-depilator-best5-001

脱毛サロンに通わなくても、好きな時に自宅でいつでも行える脱毛で魅力的なのが、家庭用脱毛器です。

今では様々なメーカーから出ていて全体的に価格も高めなので自分に合った商品を見極めることが最重要です。

ここでは人気の家庭用脱毛器の種類とその特徴をご紹介していきたいと思います。

脱毛器ケノン(kenon)

こちらの商品は知名度も高く、楽天でも購入できます。

タイムセールなどで価格に変動があるので安い時を見計らうのがおすすめです。

実勢価格は73,800円で脱毛方式は光脱毛です。

使用方法は前日までに脱毛したい箇所を剃毛しておき、付属の保冷剤で冷やしながら照射していきます。

ケーナイン(K-9)

家庭用脱毛器では実勢価格が197,400円と、最高価格の商品ですが、小規模のエステ店でも導入されており業務用に近い商品です。

また、最新のバルジ式脱毛法を採用しており、毛根だけでなく毛量を抑毛しながら脱毛できるので、毛周期だけを考えた以前の脱毛方法よりも効果は高いです。

使用手順はケノンと同じですが保冷剤の代わりに専用の付属ジェルを使用します。

IPL脱毛器 裸美 LAVIE

家庭用脱毛器の中では実勢価格が49,000円と低価格の商品になります。

30日間の返金保証も付いているので安心して試せることがポイントですね。

脱毛方式は光脱毛でケノンと同じで保冷剤で冷やしながら剃毛の箇所を照射していきます。

トリア(tria)

家庭用脱毛では珍しいアメリカ製品のレーザー脱毛になります。

カードリッチ式ではない電化製品ですので長年使用すると寿命で使えなくなります。

実勢価格は49,800円と低価格ですがレーザーのため痛みがあります。

また、使用手順は剃毛後の肌に照射レベルを設定し押しあてるだけで脱毛できます。

ただし皮膚をなるべく平らにした上で照射しないとエラー音が鳴るので慣れるまではむずかしいかもしれません。

ペチェロ(Pecero)

こちらも59,800円と比較的低価格の家庭用脱毛器です。

脱毛方法は光脱毛で日本と韓国でしか特許取得をしていない6連発フラッシュ式脱毛で効果の高い脱毛が期待できます。

しかし照射面積が他種よりも狭いため照射回数も増え時間がかかります。

使用方法はケノン同様保冷剤で冷やしながら照射していきます。

いかがでしたでしょうか?たくさんの種類がメーカーから出ていますが効果や価格も様々なので、自分により合った商品を口コミやホームページなどで下調べしてからのご購入を強くお勧めします。

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング