スマートフォン解析

サロンは面倒だから自分で脱毛したい! 家庭用脱毛器のことで知りたいあれこれ

household-epilator

ムダ毛の処理について、エステや美容外科に通う方が増えてきた一方で家庭用脱毛器を使用する方も徐々に増えてきています。

ここでは、家庭毛脱毛器の種類や疑問点についてご紹介していきたいと思います。

家庭用脱毛器とは・・・?

エステに通わなくても、自宅で好きな時間に脱毛が行える家庭用の美容家電です。

脱毛方法はエステサロンと同じ光脱毛式のタイプが多く、稀にレーザータイプの物もありますが、レーザーは医療機関でしか取り扱えませんので美容外科で行うレーザーよりも効果の低いものになります。

中にはカードリッジを周期的に交換しなければならない脱毛器もございます。

家庭用脱毛器のメリット

エステサロンは予約をしなければいけない、取りたい日に予約が取れないなどの理由があります。

また、完全に脱毛できるまで3年近く通わなければいけないのでわざわざ脱毛のための時間をとることが負担になることも多いのです。

しかし家庭用脱毛器は好きな時に空いた時間で脱毛が行えるのが最大のメリットです。

あとは、脱毛器を購入したらそれ以外の負担金はあまりかかりませんので、経済的にも優しいのが特徴です。

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能か

永久脱毛が出来るのは、毛を再生する毛乳頭を破壊する医療用のレーザー脱毛のみです。

毛乳頭を破壊する永久脱毛は医師免許が必須なので、エステサロンや家庭用の物は毛乳頭に ダメージを与えるのみで、毛を変えるのを遅くしたり、生えにくくするものなので、永久脱毛には値しません。

家庭用脱毛器を購入するのは女性だけでない!

最近では、美容男子いう言葉もメディアで取り上げられるほど、男性の美容への意識は高まっており男性も脱毛を行う方が増えてきています。

特に、髭そりについて、毎日肌に顔を当てることは肌負担も大きいですし、それを考えると脱毛をしたほうがよいのではないかと考える男性が増えています。

メンズエステの需要も高まり、家庭用脱毛器の大手メーカー、ケノンの購入者の43%が男性だという結果も出ております。

いかがでしたでしょうか? 脱毛器も様々なメーカーから出ており低価格から高価なものまでさまざまです。

価格重視でなく、長い間使うものなので自分に合った脱毛器を選択する事が重要です。

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング