スマートフォン解析

医療レーザー脱毛について。その種類とメリット・デメリットを比較

laser-hair-removal-2-001

数ある脱毛機材の中でも医療機関でしか使用の認められていない医療レーザー脱毛をご存知でしょうか?

レーザー脱毛とは1995年にアメリカがその効果と安全性を承認したことにより普及されるようになりました。

しかし安全性を重視し、専門的な知識や技術の整っている医療機関での使用しか認められなくなりました。

医療レーザーの仕組みは、レーザーがメラニン色素の黒い部分に反応し、毛を作り出している毛根という部分にダメージを与えることによって毛を生えなくさせています。

ここでは医療レーザーの種類と特徴をご紹介していきたいと思います。

アレキサンドライトレーザー

レーザーの種類の中では最も照射範囲が広く、美肌効果も期待できます。

しかし産毛などの色素の薄い毛には反応しにくく、脱毛効果が得られない場合もあります。

ダイオードレーザー

肌への負担が少なく、アレキサンドライトレーザーでは処理しきれない産毛にも効果があります。

しかし処理範囲が狭いので男性のひげ等の脱毛に最適です。

ヤグレーザー

肌への負担が少なくダメージも少ないので、火傷などのトラブルが非常に少ないです。

ですので、男性のヒゲに適しています。有色人種の肌色にも適しています。

しかし他の医療レーザーに比べると脱毛効果の持続が低い傾向にあります。

ルビーレーザー

こちらはメラニン要素に反応するレーザーの威力が強いため、脱毛効果や持続性は高いですが、日本人の肌色にも反応してしまう可能性があり、やけどの危険性もあります。

ですので、主に肌の白い白人向けに使用されている機械になります。

上記の医療レーザーの中でも日本人の肌に適している機材は、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーで、日本の医療機関においてもこの2つが最も使用されていると言えます。

医療レーザーにもさまざまな種類がありますのでこれらの特徴や注意点を理解してから行いましょう。

SBC根こそぎレーザー脱毛

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング