スマートフォン解析

気付かないうちに肌がボロボロに? よくある脚のムダ毛処理の間違いベスト3

leg-epilation-mistake-001

みなさんは、足のムダ毛の処理方法はどうしていますか?

ほとんどの人がセルフで行っていると思いますが、セルフでもさまざまな方法があります。

その方法によって間違ったまま処理をしてしまいがちの方も少なくないはずです。

今一度、ムダ毛の自己処理方法の注意点を見直していきましょう。

「毛を抜く」という処理方法

毛を抜くという行為は肌を傷つける一番の原因になってしまいます。

無理やり毛を抜くと、毛の周りの皮膚も一緒に引き剥がされ、傷ついてしまった皮膚から雑菌が入ると炎症を起こしてしまいます。

気の周りの毛穴が赤くポツポツと目立ってしまったことはありませんか?これは肌が悲鳴を上げているサインです。

ですので毛を抜いて処理している方は直ちに別の方法に切り替えるべきでしょう。

そのままにしておくと、色素沈着の原因になったり、傷跡だらけの足になってしまいます。

カミソリを使った処理方法

これが一番簡単でなじみのある処理方法ではないでしょうか。

しかしここにも注意しなければならない点がいくつかあります。

毛流れに逆らって沿っている

毛長りに逆らって剃ると皮膚からギリギリのところで剃れるのでつるつるになりしっかり剃れますが、もともとカミソリを肌に当てるという行為は毛と一緒に皮膚の表面も削ってしまっていることになるのです。

毛流れに逆らって剃ると毛の下から常に皮膚が削れていることになるので炎症も起こしやすく非常に肌に負担がかかってしまうのです。

ボディソープの上から沿っている

毛を剃る行為は肌の必要な油分の膜を削ることになるので非常に肌を乾燥させます。

ボディーソープは洗剤と同じで油分を奪うためにより肌の乾燥に拍車をかけることになります。

なのでボディクリームやワセリンで油分を補いながら処理する方がよいでしょう。

剃刀の刃をあまり変えずに使用している

剃刀の刃は浴室にあるために錆びやすく劣化も早いです。

また、刃の間には毛が入りやすくゴミも貯まるのでそのままにしておくと雑菌も増え、そのカミソリで処理するということは肌荒れをあえて起こさせることと同じなので大変危険です。

いかがでしたでしょうか?気づかずうちにこれらの事を行ってしまってはいませんか?

一つ間違えば肌に悪影響を与えることになるので上記を踏まえて、ムダ毛の処理は念入りに衛生面を意識して行いましょう。

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング