スマートフォン解析

本当にずっと生えてこないの? 永久脱毛の仕組みについて

permanent-hair-removal-point-001

永久脱毛という言葉は、様々なサロンでも打ち出され、雑誌やメディアでもよく使われる言葉なのでほとんどの方がご存じだと思います。

しかし、本当の永久脱毛の意味や、仕組みを理解している人は少なく、ほとんどの方が永久脱毛=毛が二度と生えてこない脱毛法だと思っているのではないでしょうか?

ここでは永久脱毛の仕組みや定義についてご紹介していきたいと思います。

永久脱毛の定義

永久脱毛は個人差によって何回も通い続けて初めて脱毛が完了します。

そしてその定義についてですが、一番最後に行った脱毛から、2年後の毛の再生率が20%以下であるとされています。

ほとんどの方が毛の生えてくる確率は0%だと思っている永久脱毛ですが、一部では毛の再生率が20%の場合もあるということなのです。

永久脱毛の仕組み

機械の熱エネルギーがメラニン色素(毛根の黒い部分)に反応して毛を作る毛乳頭という部分を破壊することで、毛が生えてこなくなるという仕組みです。

黒い部分に反応するので、日焼けして肌黒い人は施術が受けられません。

ですので、通っている間も日焼けは厳禁です。

永久脱毛の種類

レーザー脱毛

回数によって毛量も変わるので比較的低価格で痛みも少なく定番の脱毛方法です。

フラッシュ脱毛

光脱毛ともいいレーザーほどの効果はなく3か月ごとに施術を受けなければなりません。

痛みはほとんどなく低価格です。

針脱毛

一回で脱毛が完了するほどの効果ですが痛みは強く価格も高いです。

1回で完了しますが長時間かかります。

いかがでしたでしょうか? 永久と言っても何回も通わなければならないので最低でも3年はかかります。

針脱毛は1本ずつ毛穴に針をさしていくので痛みが強いですが、通うことなく効果も高いです。

何を優先順位にするかは人それぞれですが、永久脱毛の知識をしっかりと頭に入れ最適な手段を選択しましょう。

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング