スマートフォン解析

抜いてはいけない!ムダ毛処理で毛を抜いてはいけない理由

stop-pull-out

ムダ毛の自己処理については、ほとんどの方が剃刀を使った処理を行っていると思いますが、一部では毛抜きを使って毛自体を抜いてしまう人もいます。

しかし、毛を抜く行為には大きなリスクを伴い大変危険です。

ここでは、毛を抜いてはいけない理由や、抜いてしまいたくなる心理をご紹介していきたいと思います。

なぜ毛抜きを利用するのか

毛抜きを使った処理を行う理由として、毛根ごと処理できるため、次に生えてくるまでの期間が剃刀を使った処理よりもはるかに長いことが一番の理由です。

剃刀では皮膚上の毛しか処理できないので2、3日後にはすぐ生えてしまいます。

ですので、なかなか毛を抜く行為をやめられない人も多いのではないでしょうか。

毛を抜く行為のリスク

毛を抜く行為はどのムダ毛処理方法よりも、肌に一番負担がかかると言われております。

その理由として、毛は毛細血管につながっており、その毛を引き抜くことによって出血の可能性もあります。

そこから雑菌が侵入すると、肌の炎症や、ひどいと化膿までしてしまう場合があるのです。

処理後の毛穴が赤くなりポツポツしているのは炎症です。

また、肌に過度の負担を与えることによって、毛が皮膚上に出ず、皮膚の中で成長し毛穴が黒く盛り上がってしまったように見える「埋没毛」が出来やすくなってしまうのです。

ですので、毛を抜く行為はできるだけ避けたほうがよいと言われています。

毛抜きによって起こりうる皮膚疾患

毛を抜き、毛穴に負担をかけそこにブドウ球菌や連鎖球菌などの菌が繁殖してニキビのように化膿して腫れ上がる症状を「毛嚢炎」といい、毛抜きを無理に続けることで起きる可能性があります。

雑菌に感染しないためには、アルコールなどで皮膚上を消毒してから行うことで多少は防げます。

いかがでしたでしょうか? 普段何気なく抜いてしまっている方も多いと思いますが、一歩間違えれば皮膚疾患にも繋がり、ムダ毛処理以前に肌を汚くしてしまう可能性があります。

このような事態を未然に防ぐために、毛抜きの使用を今すぐ辞めるように心がけましょう。

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング