スマートフォン解析

剃れば剃るほど悪循環? ムダ毛は剃るより薄くする努力が大事!

thinly-epilation-001

ムダ毛は、剃っても剃ってもエンドレスに生えてきます。

しかも、剃れば剃るほどに肌や毛穴はダメージを受け、より肌を守ろうと毛量が濃くなる場合もあり悪循環です。

脱毛サロンに通うのが最適ですが、時間も金銭的にも躊躇し結局剃り続けるという、悪循環に陥る女性が増えているのが現状です。

しかし、生活習慣や努力次第で剃らずに毛量を薄くすることが可能であることをご存知ですか?

ここではムダ毛のしくみと、抑毛効果のある生活習慣をご紹介していきたいと思います。

ムダ毛のしくみと原因

一般的に、女性よりも男性の方が、体毛が濃い傾向にありますがこれはホルモンバランスが大きく影響しています。

体内には女性ホルモンと男性ホルモンが存在しますが、そのバランスが崩れ男性ホルモンの割合が多くなると、ムダ毛が濃くなったり女性であってもヒゲが生えてくる場合があります。

ですので、ムダ毛抑えるにはホルモンバランスに着目した生活習慣を意識しなければなりません。

ホルモンバランスを整える食品

女性ホルモンと同じ働きをし、不足した女性ホルモンを補ってくれる食品に大豆製品があります。

大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンを補い、男性ホルモンの割合を小さくすることでムダ毛を抑える効果があります。

ですので、いつもの食事に大豆を取り入れることが効果的です。

ムダ毛処理のリスクと注意点

ムダ毛処理は肌にダメージを与えます。

剃刀では剃刀負けや剃る頻度が多いと埋没毛を引き起こしたり、かゆみや炎症を引き起こすリスクがあります。

ですので、頻度は2週に一回に減らし、剃刀は清潔なものを使用することで肌トラブルは予防できます。

毛抜きを使った処理は肌に一番負担を与えるといわれており、脱毛に通っている方は毛周期に影響を与えるので毛抜きの使用は避けましょう。

いかがでしたでしょうか?剃る行為は摩擦によって肌に負担を与えます。

また、肌が老化する一番の要因は摩擦と紫外線によって起こると言われております。

このまま一生剃り続けるよりも、今のうちから剃らないために薄くする努力を心がけるべきではないでしょうか?

一度自身の生活習慣を見直してみましょう。

>> 豆乳ローション

豆乳ローション

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング