スマートフォン解析

毛抜きをする際に気をつけたいポイント!

tweezers-point-001

毛抜きを使った自己処理は、毛根ごと処理できることにより生えるまでのスピードも剃刀も遅いので大変便利です。

ですので、日頃から毛抜きを多用している方は案外多いのが現状ですが、毛を抜く行為は肌に一番負担をかけ、毛を抜いた後の毛穴に細菌が入り込み炎症や埋没毛の原因になってしまう可能性があり大変危険です。

ここでは毛抜きをする上で肌トラブルを防ぐための気をつけるべきポイントをご紹介していきたいと思います。

脱毛前に気をつけるべき点

脱毛前は必ず入浴を済ませ肌質を柔らかくしておくことで、細菌の繁殖を防ぎます。

肌トラブルを最小限に抑えるには脱毛前の準備も大切なのです。

お風呂に入らないときは、蒸しタオルで施術部位を軽くふき、温めることで雑菌の繁殖を防げます。

毛流れに沿って優しくタオルを当てるようにしましょう。

施術中に気をつけたいこと

毛を抜く際は、出来るだけ毛の根元をつかみ、毛の周りの皮膚を抑えながら抜くことで肌の抵抗を最小限に抑え、毛穴の炎症や負担を抑えることが出来ます。

途中で毛が切れてしまい、何度も皮膚を引っ張って傷つけないように一気に引き抜くことがポイントです。

施術後のアフターケアで気をつけたいこと

万が一赤みやかゆみが出てしまったら、悪化しないために施術した場所を消毒液で清潔にしておきましょう。

また、保冷剤や冷やしたタオルを当てておくと肌が鎮静され、肌トラブルを抑えることが可能です。

また、施術後の肌は非常にデリケートですので、プール等に入る事を避け、紫外線を浴びないように気をつけましょう。

汗をかくことでも細菌に感染しやすくなるのでサウナや激しい運動も控えたほうが無難です。

いかがでしたでしょうか? 毛を抜く行為は肌に一番負担をかける行為になるので出来るだけ避けたほうが無難ですが、どうしても行うときには上記のポイントをしっかり押さえて肌トラブルを未然に防げるように心がけましょう。

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング