スマートフォン解析

間違った処理方法だと埋没毛になっちゃうかも!? 正しいカミソリの使い方について

using-the-razor-001

ムダ毛の処理方法というと、脱毛サロンや医療用レーザー脱毛など様々な手段が普及してきた時代になった現在ですが、手軽で自宅でいつでも行うことのできる剃刀を使ったムダ毛の自己処理方法は最もポピュラーで、今も多く活用されています。

しかし、間違った処理やアフターケアを怠ると、埋没毛や肌の色素沈着の原因にもなりかねます。

今一度正しい処理方法とケアの手順を確認していきましょう。

電気シェーバーを使う

シェーバーを使うことにより肌にかかる負担を最小限にしてくれます。

肌に負担をかけ過ぎると摩擦により黒いメラニン色素が生まれ、黒ずみや色素沈着の原因になるのでなるべく電動シェーバーを使用しましょう。

必ずシェービングクリームを使う

乾いた肌の上を剃ると、乾燥もより進み刃もすべりにくいので何度も同じ所を剃ったり肌を痛めつける大きな原因になります。

シェービングクリームを使用することにより肌表面を刃が滑りやすくなり、保湿も同時に行いながら処理ができるのでカミソリ負けや埋没毛を未然に防ぐことができます。

また、滑りが良くなるといって石鹸やボディーソープの上から刃を当てる方が結構多いのですが、ただでさえ剃る行為は肌を乾燥させるので、さらに皮脂を奪い感想に拍車をかけることになるので絶対にやめましょう。

力を入れずに剃ること

力を入れると肌負担も大きくなり角質が剥がれやすくなるので注意しましょう。

同じところを何度も剃らないように心がけ、優しく一回で剃るように心がけましょう。

アフターケアのポイント

保湿と同時に美白もできる化粧品を使用するのがおすすめです。

剃る行為は摩擦により色素沈着や黒ずみの原因になるので美白化粧品でフォローしましょう。

注意点

剃刀の刃は新しいものとこまめに交換するようにしましょう。

お風呂場に放置すると雑菌も繁殖しやすくなりそういった刃で除毛すると一気に肌荒れを起こします。

ですので、お風呂場に置きっぱなしにすることも控えましょう。

また、ホテルに置いてある美品の柄の白いカミソリは肌を保護するカバーがないのでモロに肌を傷つけてしまいます、使用はやめましょう。

NO IMAGE

ミュゼの100円脱毛って赤字にならないの?
その仕組みから分かる人気の秘密について

全国チェーンを展開する大手脱毛サロンのミュゼですが、そのミュゼが脱毛の価格破壊とも言える大キャンペーンを行っています...

記事を読む

脱毛サロンランキング